2013年09月03日

今回は自粛いたします


 昨日(9月2日)の14時頃、僕が住んでいる埼玉県越谷市で竜巻が発生しました。
 被害に遭ったのは市の北部。
 僕の「自宅・兼・仕事部屋」は南部にあたるので、雷が少し鳴っただけでした。

 2人の兄も越谷に住んでいるのですが、僕からの連絡を受けてはじめて竜巻が起こったことを知ったくらいなので、何も問題はありませんでした。

 いまのところ、僕の知り合いが被害に遭ったという知らせは受けていません。
 ほっと一安心ではあるのですが……。

 ですが、同じ街に住んでいる方が被害に遭われ、悲嘆に暮れているときに、浮かれることはできません。

 今回は、記事を書くのを自粛いたします。

 なにとぞご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

posted by 本条克明 at 09:03| 雑記 | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

次に投稿する記事について


 これから投稿する記事(次に更新する記事)は、いつもとはまったくちがうものになります。

 何がちがうのかと言うと――

 人に読まれるために書いたものではありません。
 僕自身が、読み返すために書いたものです。

 最近、人間関係で少し悩んだことがあり、
「またおなじことをくり返してるな……」
 と感じたので、解決法を忘れないように記録として残したものです。

 要するに、ブログのサーバーを「紛失しないノート」として使おうという魂胆です(笑

 また、次の記事は「私用」ですので、コメント欄はありません。

 次の記事を読まれる方は、あらかじめご了承のうえ、ご閲覧ください。

 (本条用と承知のうえで)次の記事を読む

posted by 本条克明 at 13:51| 雑記 | 更新情報をチェックする

(本条用) 良好な人間関係をつづけていくために


 今回の記事は、私(本条克明)が人間関係に悩んだりつまずいたりしたときに読み返すために書いたものです。
 つまり、人に読まれるために書いたものではありません。

詳しくはこちらをご覧ください。
次に投稿する記事について



 今回の記事を読まれる方は、「本条克明のための私的な記述」であることをあらかじめご了承のうえ、ご閲覧ください。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 14:30| モノローグ(独り言) | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

<雑記> 次回作のお知らせなどを簡単に


 今回は<雑記>です。

 次回作についてのお知らせなどを、簡単に致したいと思います。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 12:52| 次回作の進行状況など | 更新情報をチェックする

プロットとは?


『プロット』というのは、「物語の構成」のことです。

小説の書き方をマニュアル的に解説した本などでは、
「物語の土台」とか、
「物語の枠組み」とか、
「物語の設計図」
などと教えていたりしますが、そのままの意味で解釈しようとすると、かえって意味がわからなくなることが多いです。

また、日本では「あらすじ」という意味でも『プロット』という言葉を用いることがありますので、わかりにくい用語だと思います。
正確には、「あらすじ」の場合は「シノプシス」です。

小説におけるプロットとは、「書く前段階につくった物語」のことです。

当たり前のことですが、先に物語がなければ文章にはできません。
ですので、書く前に諸々の設定やストーリーの組み立てをして、物語をあるていど作成しておきます。
それがプロットです。

それを踏まえた上で、前後の文脈からニュアンス的な意味を読みとると、『プロット』という言葉を正確に解釈できると思います。



というわけで――
今回はプロットについて、もう少しご説明したいと思います。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 13:22| 小説作法 | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

ひとりの人間が、いくつもの笑顔を持ってるんだ


 ずっと、きみだけを見つめていたい――
 ずっと、きみのことを見守っていたい――

 男は恋をすると、そんな想いが胸に込みあげてきます。

 今回は、そんな男心に関するお話を。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 14:35| 笑顔が好き | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

PDFにはPDFに合った用紙の使い方があると思いますが


         *****
 A(アー)にはAに向いた話、B(ベー)にはBにふさわしい任務、というものがあると思いますが……

『銀河英雄伝説1 黎明編』(田中芳樹・著 創元SF文庫)より引用

画像は7netのリンク画像です。
         *****


 オーベルシュタインの言葉です。

 銀英伝ですよ!
 僕が大学生のときに読んで、
「小説って、メチャクチャおもしろい!」
 と心の底から思った作品です。

 たぶん、銀英伝を読んでいなかったら、
「作家になりたい」
 と思っていなかっただろうし、それを考えたら、「僕の人生を変えた小説」って言えるんだろうなぁ……。

          

 ……って、今回はそういうことが言いたいんじゃなくてですね(笑

 紙の本には紙の本に向いた用紙の使い方が、
 PDF電子書籍には、PDFにふさわしい用紙の使い方というものがあると思うのですが……


 ということについて、お話ししたいと思います(笑
※続きを読む
posted by 本条克明 at 13:32| 電子書籍について、考えてみた | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

不安や緊張で心が苦しくなったときに……


 以前に運営していたサイトでは、メールアドレスを載せていました。
現在は、ネット上でのメールアドレスの公開はおこなっていません。

 僕としては、仕事(ライター業務)の依頼を受けるために公開していたつもりだったのですが、
 以前のサイトでは潜在意識や「心の使い方」に関する話をしていたこともあり、悩みや潜在意識に関する相談のメールがたくさん送られてくるようになりました。

 サイトを閉鎖してからは、そのようなメールはほとんどこなくなったのですが、いまでもときどき相談のメールが送られてくることがあります。

 そして、そういった相談に応えるたびに、

「不安や緊張で心が苦しくなったときに、
 それから逃げるのでもなく、
 抑圧するのでもなく、
 押しつぶされるのでもなく、
 その不安や緊張を『結果を生みだす力』に変える術(すべ)を、もっと伝えてあげるべきなのかもしれない」


 という思いにかき立てられます。

          

 当サイトでは、原則的に「潜在意識の話」はしません。
理由についてはこちらをご覧ください。
『〈本条式〉 潜在意識の使い方』をお探しの方へ

 ですが、今回にかぎっては、潜在意識や「心の使い方」に関することを、少しだけお話しいたします。

 以前に運営していたサイトの記事を復刻させたものになりますが、不安や緊張というものを理解し、「ここぞ!」という場面で結果を残すための参考になさってみてください。

 そのお話(なぜ本番前は緊張するのか?)を読む


posted by 本条克明 at 12:48| 雑記 | 更新情報をチェックする

なぜ本番前は緊張するのか?


本番前になると緊張する具体的なメカニズムについて、まだ確かなことはわかっていません。
ですので、何を語っても仮説になってしまうのですが……。

僕の場合は、プロボクシングの世界にいたときの経験から、
「緊張とは、心の準備だ」
という『答え』を持っています。

そのことを理解していただけるように、ひとつエピソードを。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 13:43| Comment(2) | 人生観 | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

次回作は、ちょっと訳ありなので……


僕のした単純作業が
この世界を回り回って
まだ出会ったこともない人の
笑い声をつくっていく


『彩り』
(Mr.Children  作詞・作曲:桜井和寿)
MrChildren様の動画 YOUTUBEより)


 これこそまさに、僕らが仕事をする理由、
 人の世界で生きていく理由そのものだと思う。

 この曲を聴くと、
「がんばっていい作品をつくらなくちゃなぁ」
 という意欲がわいてきます(喜

          

 ……って、冒頭からいきなり話がそれていますが(笑

 今回は、先々週につづき、次回作についてお話を。
※続きを読む
タグ:いま幸せ
posted by 本条克明 at 09:14| 次回作の進行状況など | 更新情報をチェックする

ラベルリスト