2013年10月01日

PDFで「自動しおり機能」を設定する方法


 今回は、PDFで、
「自動しおり機能(前回読み終わったところから開く)を設定する方法」
 について、お話し致します。

          

 PDFで「しおり機能」と言う場合、用語的には、
「目次の機能」
 のことを指しているのですが――

 今回は、それのことではなく、電子書籍リーダーなどで「しおり機能」と呼んでいるもの、
 つまり、
「ファイルを開いたときに、前回読み終わったページを開く」
 という機能を、PDFで設定する方法
についてお話し致します。
※続きを読む

目次機能(しおり機能)をPDFで活用する


 PDF用語での「しおり機能」とは、
「目次の機能」
 のことです。

「前回読み終わったページを開く」という意味でのしおり機能については、今日1回目のお話をご覧ください。
PDFで「自動しおり機能」を設定する方法


 今回は、
「PDFの目次機能」
 について、お話し致します。
※続きを読む

2013年10月04日

分かち合うことで、悲しみを半分にできるのか?


 きみの悲しみを、私が半分うけもちたい――
 きみの喜びを、私も喜ぶことで、喜びを2倍にしたい――


そんなふうに、

「悲しみ」や「怒り」などのマイナスの感情を、分かち合うことで半分にする――
「嬉しい」や「楽しい」などのプラスの感情を、足し合わせることで喜びを2倍にする――

といったことは可能なのでしょうか?

          

残念ながら、人の『感情』はモノではないので、半分に分け合ったり、足し合わせて2倍にしたり、といったことは、できません。

『感情』自体を分けたり足したりすることはできないのですが……

それと同様のこと――いや、それ以上のことが、実は可能だったりします
※続きを読む
posted by 本条克明 at 10:39| 人生観 | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

次回作のプロットに少し時間がかかっています


 今回は、次回作の進行状況を簡単にお話ししようと思うのですが……。

 あるていど予想はしていたことなのですが、プロットの作成にいささか手間取っております(苦笑

プロットとは「物語の構成」のことです。詳しくはこちらをご覧ください。
プロットとは?

          

 じつを言うと、プロットはこれまでにいくつか完成させていたりします。
 ですが、どれも僕の納得のいくものにはなっていません。
 そのため、くり返し、何度も、プロットを作成し直しています。

 次回作に関する前回前々回の記事でお約束した通り、
「うまくいく恋愛ができるようになるためのアドバイス」という内容のエピソードを、
 短編、もしくは中編ぐらいの長さで、
 手軽に読めて、なおかつインスパイアのある作品に仕上げる予定です。

 納得のいくプロットができるまで、もうしばらく待ってくださいね。


          

 話は変わりますが――

 Seesaaの(あまり正確ではない)アクセス解析を見ると、
「小説作法」
 に関する記事のアクセスが増えてきています。

 どうやら「小説の書き方」「文章表現のテクニック」を模索して、当サイトに来られているようです。

 職業作家としては、手の内を明かすことになってしまうので「書き方」や「文章テクニック」についてはあまり語らないほうが賢明なのかもしれませんが……。

 ま、こまかいことは気にしない気にしない(笑

 というわけで、今日は僕が知っている、
「『対決シーン(戦闘シーン)』で臨場感をだす文章テクニック」
 について、お話し致します。

 興味のある方は、ぜひご参考ください。

 「対決シーン」で臨場感をだす文章テクニック を読む

 
posted by 本条克明 at 07:34| 次回作の進行状況など | 更新情報をチェックする

「対決シーン」で臨場感をだす文章テクニック


 小説は「活字のメディア」ですので、基本的にアクションの描写にはあまり向いていません。

 小説ではすべてを言葉で表現するため、どうしても説明口調のようになってしまい、アクション・シーンにスピード感や臨場感をだすのが容易ではないんですね。

臨場感とは、「まるで実際にその場にいるかのような感覚」のことです。


「対決のシーンでは、おもいっきり臨場感をだして、迫力を読者に伝えたい」
 そう切に願って、僕は表現方法をいろいろと模索したことがあります。

 というわけで今回は、
「対決シーンで臨場感を伝える文章テクニック」
 のひとつを、特別にお教え致します(笑
※続きを読む
posted by 本条克明 at 08:22| 小説作法 | 更新情報をチェックする
ラベルリスト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。