2013年11月01日

<雑記> 11月です


 11月になりました。

 朝晩の冷え込みが増していく今日このごろ――

 ちょっと気がはやいのですが、サイドバーのプロフィール画像を冬ヴァージョンに変えてみました(笑

2011年・冬(モノクロ).jpg

 2年前(2011年)の冬に撮った写真です。

 なぜモノクロ(白黒)なのかと言うと――

 なんとなく、そのほうがかっこいいじゃん、冬っぽいし(笑

ちなみに元の画像はカラーです。
2011年・冬.JPG


          

 さて、今日のお話なのですが……

  僕はここ最近、ちょっと忙しくて睡眠不足ぎみです。
  いまこうしているあいだも眠いです。
  諸々の仕事を片付けて、たくさん寝たいです。
  たくさん寝て、いっぱい夢を見たいです。


 というわけで今回は、
「人には夢を見る時間が必要だ」
 というお話です(笑

 以前に運営していた『こんなこと、考えてるんだ』というサイトからのリメイク記事になりますが、
『夢』に興味のある方はぜひご参考ください。

 次のお話(人には『夢』を見る時間が必要だ)を読む


posted by 本条克明 at 11:57| 雑記 | 更新情報をチェックする

人には『夢』を見る時間が必要だ


「もう寝なさい。子供には夢を見る時間が必要だ」
 (銀河英雄伝説5・風雲編  ラインハルトの台詞より)


『銀河英雄伝説(5) 風雲編』
(田中芳樹・著)
画像は創元SF文庫
画像は7netのリンク画像です。(別窓で開きます)

          

ラインハルトの言うとおり、子供には夢を見る時間が必要です。
でも、子供だけではありません。
大人だって夢を見る時間が必要です。

人は誰でも、『夢』を見る時間が必要です。
※続きを読む
タグ:心理学
posted by 本条克明 at 12:32| 人生観 | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

スランプのときは『種火』で


 小説などの創作活動をつづけていると、スランプ(不調)に悩まされることがあると思います。

  どんなにがんばっても思うように書けなかったり――
  まったくやる気が起こらなくなったり――

 そういう状況に陥ることが、どうしてもあるんですね。

          

 以前に運営していた『こんなこと、考えてるんだ』というサイトに掲載した記事のリメイクになりますが、僕の「スランプ対処法」をご紹介いたします。
 よろしければ、ご参考ください。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 08:24| 小説作法 | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

名前って素晴らしい


自分の名前を「好きじゃない」と思っている人もいるかもしれないけど、
そういったことに関係なく、名前というのはとても素晴らしいものだと思う。

名前を知らない人のことを好きになった経験のある人なら、きっと僕の言っていることに共感してくれるんじゃないかなぁ(笑
※続きを読む
posted by 本条克明 at 12:20| 恋愛に関する話 | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

<作品紹介> 『うまくいく恋愛ができるようになるために』(中編小説)


この作品は現在、当ページにてEPUB版のみダウンロードできます。

          


新刊の電子書籍、
『うまくいく恋愛ができるようになるために』
のご紹介です。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 18:42| 本条克明の電子書籍 | 更新情報をチェックする

【創作後記】 『うまくいく恋愛ができるようになるために ―ラブマスターの恋愛講義―』


今日は2回目の更新です。よろしければ<作品紹介>からご覧ください。
<作品紹介> 『うまくいく恋愛ができるようになるために ―ラブマスターの恋愛講義―』(短編小説)

          

 昨日(11月9日)、新刊の電子書籍を公開しました。

 当サイトでは前もって宣言してありましたが――

 今回は、おもいっきり訳ありな作品になりました。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 19:15| 創作後記(あとがき) | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

キャラクター(登場人物)のネーミングについて、考えてみた



ヴィジオン ネクスタ
vstonevstone様の動画  YOUTUBEより)


 ロボットクリエーターの高橋智隆(たかはし・ともたか)さんが、
 ロボカップ(ロボットのサッカー大会)に出場する「ヴィジオン ネクスタ」というサッカーロボットの制作に参加したときのエピソードとして、こんなことを語っています。

        *****
 ネーミングは「ヴィジオン」の後継機として、次世代の担い手=Next Ageinの意味を込めた「ヴィジオン ネクスタ(VisiON NEXTA)」に決まった。

 私はサッカーにちなんだ名前として
 エースストライカーの「エストラ」
 ゴールキーパーの「ゴルキパ」
 極めつけに得点王の「トクテオン」などの
 すばらしいネーミングを提案したがすべて却下されてしまった。
 なぜだ。


『ロボットの天才』(高橋智隆・著  メディアファクトリー、空想科学文庫)より引用

画像は7netのリンク画像です。
ネット上で読みやすいように体裁(文章の見た目)を一部変えてあり、一部文字の拡張を施しています。
        *****

 …………。
 ………………。
 ………………ぷっ。(←笑ってる)
※続きを読む
posted by 本条克明 at 15:52| 小説作法 | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

今回のお話は、絶対に読まないでください


 今日は「心理的リアクタンス」についてお話しする予定だったのですが――

 今回のお話は、かなり訳ありになってしまいました。

 申し訳ありませんが、
 ここから先は絶対に読まないでください。
※ここから先は読まない(ここを絶対にクリックしない)
posted by 本条克明 at 11:15| 人生観 | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

Kindleストアに配信中の電子書籍についてのお知らせ


 私、本条克明は、『きみの微笑みが嬉しくて』という電子書籍小説を、Puboo経由で、
  Amazon Kindleストア
 からも配信していたのですが、いつの間にか配信が停止になっていました。

 どうやら、発行元であるはずのPubooにも理由や経緯がわからないまま、配信が停止されたということです。

 著者である私に対しても、連絡はいっさいありません。

 著者や、発行者になんの断りもなく勝手に配信を停止するとは、ずいぶんと非常識なことをやるものです。

 以前に、Pubooより、
『表紙画像に本のタイトルと著者名が記載されていない、本文中の誤字脱字など、「表紙」や「中身」が販売基準を満たしていない』
 という電子書籍作品については、11月11日~12日のあいだにAmazon Kindleストアからの配信を一時停止するという旨をメールで知らされたのですが、
 私の作品は基準をクリアしていたようなので、そのときはなんの問題もありませんでした。

 実際、本条克明の電子書籍は、こういった基準はとうぜん満たしていますからね。

 にもかかわらず、とつぜん、なんの連絡もなく、配信が停止されていました。


 Pubooのほうでは、外部ストア(Amazon Kindleストア)に直接問い合わせることはしないようにと呼びかけていますが――

 さすがにこれは、怒ったほうがいいんじゃないのかな?
 非常識にもほどがありますからね。

          *

 現在、Puboo経由でKindleストアに作品を配信されている電子書籍作家の皆様は、早急に配信の状況をご確認されることをお勧め致します。


 また、読者の皆様にはご迷惑をおかけ致しますことを、著者・本条克明より深くお詫び申し上げます。
 本当に、申し訳ございません。

2013年11月16日(土)  本条克明

posted by 本条克明 at 17:20| お知らせ | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

モチーフ作法(本条克明の場合)


 なんであれ、土台がしっかりしていることは、とても重要です。

 小説の創作においては、プロットが「物語の土台」という意味をもっているのですが――

 僕の場合は、さらにそのプロットの基礎となる「モチーフ」が、創作活動のすべてをささえる土台になっています。

 というわけで、今回は、
「僕のモチーフ作法」
 について、お話ししたいと思います。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 11:08| 小説作法 | 更新情報をチェックする

ラベルリスト