2013年12月03日

ひとりブレインストーミングで、アイデアをだす


 先週の記事のなかで、

『くだらない思いつき』でもいいから、とりあえず案をいくつかだしてみよう――

 ということをお話ししましたが、そのもっとも効果的な方法として、
「ブレインストーミング」
 というものがあります。

 ブレインストーミングは、本来は集団(会議など)でおこなうものなのですが――

 むしろひとりでやったほうが、楽しく、効果が高いこともあります。
※続きを読む
タグ:アイデア
posted by 本条克明 at 12:53| 小説作法 | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

「きみはきれいだ」って言える男性には、幸せがある


 先日、
「人(特に女性)を褒めることの意味がわからない」
 という男性に出会いました。

 彼が言うには、
「人(特に女性)を軽々しく褒めると、調子に乗るだけだ」
 ということだそうです。

 価値観や考え方というものは人それぞれですので、どうしても女性を褒めたくないのであれば、それに対してとやかく言うことはできませんが――

 でも、心理的な観点から言って、やっぱり褒めたほうが賢明だと思います。

 褒めればそれだけ、喜び(快)が多くなりますからね。
 褒められた相手だけではなく、褒めた自分にとっても
※続きを読む
posted by 本条克明 at 14:04| 恋愛に関する話 | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

栗色(くりいろ)って皮の色? 中身の色?


 言葉ですべてを表現する小説においては、
「言葉(文章)によって、読者が自分でイメージを思い浮かべること」
 それが重要になります。

 そして、言葉でイメージをみちびく手段として、『色』を活用するという方法があるのですが――

 ここでもまた、言葉で伝えるがゆえの問題が起こったりするんですよね(苦笑

          

 でね――

 ちょっとお尋ねしたいのですが、

  栗色(くりいろ)という言葉から、どんな色を思い浮かべますか?
  栗の皮の色ですか?
  それとも、栗の中身の色ですか?

※続きを読む
posted by 本条克明 at 12:25| 小説作法 | 更新情報をチェックする

亜麻色(あまいろ)って、どんな色?


 今日1回目の記事で、『栗色(くりいろ)』という言葉が伝わりにくい、というお話をしましたが――
未読の方はこちらをご覧ください。
栗色(くりいろ)って皮の色? 中身の色?


 今回は、栗色と同様に言葉では伝わりにくい色――
『亜麻色(あまいろ)』
 について考えてみました。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 13:00| 小説作法 | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

「ソウルメイト」について、考えてみた


 精神的な深いつながり――
 ほかの人たちとはちがう特別な絆(きずな)――

 そういったものを感じることのできる、とても大切な相手のことを、
「ソウルメイト(魂の友、魂の仲間、魂の伴侶)」
 と言います。

 心よりも、もっと奥深いところから通じ合える相手のことですね。

 歴史上の人物で言うと、

 三国志の英雄、
  劉備玄徳(りゅうび・げんとく)
  関羽雲長(かんう・うんちょう)
  張飛翼徳(ちょうひ・よくとく)

 新選組の、
  近藤勇(こんどう・いさみ)
  土方歳三(ひじかた・としぞう)
  沖田総司(おきた・そうじ)

 こういった人たちは、まさしく「ソウルメイト」と言えるんでしょうね。

          

「ソウルメイト」という言葉は、『友』や『仲間』だけを指す言葉ではありません。

 激しく敵対する人物や、
「腐れ縁」と呼ばれるような切っても切れない関係にある人物に対しても使われることがあります。

 ですが――

 本来、「ソウルメイト」という言葉は、
「心よりも、もっと奥深いところから愛し合い、深い絆で結ばれている恋人や夫婦」
 のことを、美しく表現する言葉として用いられていました。

『体』でもなく、
『心』でもなく、
『魂』で結ばれている恋人や夫婦のことを、「ソウルメイト」と呼んでいたんですね。

 そして――

 現在では、精神世界の人たちに広く用いられるようになり、意味合いが変わってきています。

 輪廻転生(生まれ変わり)を超えた絆で結ばれている相手――

 それが、現在における一般的な「ソウルメイト」です。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 11:34| Comment(2) | 人生観 | 更新情報をチェックする
ラベルリスト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。