2014年02月04日

『模写(もしゃ)』という優れた文章練習法 ①


「文章力を高めるには、『本をたくさん読むことが絶対的に必要だ』という話を聞いたことがある。
 ……でも、私にはたくさんの本を読んでいる時間なんてない」


 そういう方には、
『模写(もしゃ)』
 が絶対にオススメです。

 乱読(らんどく)するよりも、ずっと早く、確実に文章が上達します。
乱読とは、「いろいろな本を手当たりしだいに読みまくること」です。

 実際に、僕は『乱読』をしたことがありますが――

 はっきり言って、
『模写』のほうが、ずっと効果的に、文章力がアップしましたよ(笑
※続きを読む
posted by 本条克明 at 10:41| 小説作法 | 更新情報をチェックする

『模写(もしゃ)』という優れた文章練習法 ②


このお話は2話目です。未読の方は1話目からご覧ください。
『模写(もしゃ)』という優れた文章練習法 ①

          

『書く』というのは、能動的(自発的)な行為です。
 みずからの行動(体験)を使っています。

 ですので、
 模写(もしゃ)をすると、
「これ以上はない」
 というくらいに、文章を深くまで読むことができる
んですね(笑
※続きを読む
posted by 本条克明 at 11:21| 小説作法 | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

愛、喜び、幸せ、そして肯定感


 心理学やカウンセリングの世界では、

  自己愛自己肯定感

 という定義が、たびたびなされています。

        *****
 人はみんな子供の頃から、学校集団などでの他者とのかかわりの中で、自分への肯定感情(=自己愛自尊感情)を高めていく術を学ぶのだ。


『本当にわかる心理学』(植木理恵・著 日本実業出版社) 第2章「①自分を好きになる方法は?」より引用
画像は7netのリンク画像です。
        *****


『自己愛』と『自己肯定感』は、本質的におなじです。

 そもそも、

  
  肯定感
  喜び(嬉しい、楽しい)
  幸福感


 こういったプラスの感情そのものが、本質的にはみなおなじ状態なんですね。

 実際、脳科学の世界では、これらの状態をひとつの言葉であらわしています。

『快(かい)』
 と。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 14:31| 人生観 | 更新情報をチェックする

『ナルシスト』は、本当の意味でのナルシスト(自信家)じゃない


この記事は今日2回目の更新です。よろしければ1回目のお話からご覧ください。
愛、喜び、幸せ、そして肯定感

          

 世の中には、『自己愛』を「わるいもの」だと思い込んでいる人がいます。

 こういう人たちは、『自己愛』を自己中心的な似非(えせ)ナルシストと重ね合わせているんですね。
 そのため、『自己愛』をエゴの一種のように感じているのですが……。

 世間一般的に『ナルシスト』と言われている人たちは、本当の意味でのナルシストではありません

 ほとんど例外なく、似非(えせ)ナルシストです。
似非とは、「似ているけど本物ではない(にせもの)」という意味です。

          

『ナルシスト』というのは、
「自己愛が強く、自信家で、ときにうぬぼれるほどに自己肯定感が強い人」
 のことです。

 ですが、世間一般で『ナルシスト』と呼ばれている人たちはどうでしょう?

  外見をかっこよく見せようとしたり――
  自信があるように尊大にふるまったり――
  自分を認めさせようと、誘導尋問じみた態度をとったり――


 典型的な、「自己愛がうすく、自己否定感にとらわれている人」の行動パターンです。

 彼らが心にいだいているのは、『自己愛』ではありません。
 心理学で言う「承認欲求(しょうにん・よっきゅう)」です。
 自分に自信がないから(自分のことを肯定できないから)、
「人に認めてもらうこと(人に肯定してもらうこと)」
 それを過剰に求めて、外見や行動を『自信家』であるかのようにふるまっているんですね。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 15:06| 人生観 | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

予定を変更して、校正(こうせい)のお話を


 昨日(2014年2月10日)の16時過ぎに、
『うまくいく恋愛ができるようになるために ―ラブマスターの恋愛講義―(PDF版)
 という電子書籍小説をDLmarketで刊行したのですが、
 ちょうどそのころDLmarketのほうでシステム障害が発生したため、正常に公開がされていませんでした。

 現在は公開を停止しており、後日、あらためて刊行しなおします。
 近日中にかならず公開いたしますので、なにとぞご了承いただきたいと思います。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 13:59| 雑記 | 更新情報をチェックする

「詠太」を活用して、完璧な校正を目指す


 現在、電子書籍をDLmarketから再刊行することにともない、作品にブラッシュアップ(みがき上げ)を施しているのですが、
 その過程(かてい)で、誤植が見つかりました(汗

          

 昨年の夏から、音声読み上げソフト「詠太(えいた)3」を活用しています。
こちらをご参照ください。
「誤字・脱字」を解消する最強ツールかも――音声読み上げソフト「詠太」


「詠太3」のおかげで、校正(こうせい)の精度が飛躍的にアップしました。
こちらをご参照ください。
「詠太」で、文章校正の精度が飛躍的にアップした!



 現在では、
「誤植は、電子書籍1作品にひとつあるかないか(たいがいは、ひとつもない)」
 というところまで校正の精度があがっているのですが……。

 でも、作家にとって「誤字・脱字」などというものは、1個たりともあってはいけません。
「誤植は恥(ごしょくは・はじ)」
 だからです。
「誤植は恥」は、業界で使われている言葉です。


「詠太」をより効果的に活用すれば、
「誤植がいっさいない、完璧な校正」
 は可能だと思います。

 というわけで、今回は、
「『詠太』を活用して、誤植を完全に解消する」
 ということについて、考えてみました。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 14:56| 作家の道具 | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

「恋に落ちる」のではなく、恋によって上昇する


『愛』は、感情です。
「する(doing)」ではありません。
 その状態に「なる、ある(being)」という性質のものです。

 脳科学の言葉をかりると、
『快(かい)』
 という状態になることです。

 すなわち、恋愛感情とは、
「その人(特定の異性)といると、『快』になる」
 ということです。


 このことを理解していると、恋愛におけるつまずきを減らし、
「幸せな恋愛」
 を実現させやすくなります。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 15:09| 恋愛に関する話 | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

DLmarket版『うまくいく恋愛ができるようになるために ―ラブマスターの恋愛講義―』について


 この記事は2014年2月に書かれたものです。現在は、DLmarketから本条克明の電子書籍は配信していません。
 当記事を読まれる方は、「当時の本条克明の記録」としてご覧ください。

          

 先週の水曜日(2014年2月12日)、
『うまくいく恋愛ができるようになるために ―ラブマスターの恋愛講義―』(¥30+消費税)
 をDLmarketより刊行いたしました。

DLmarketで購入
【うまくいく恋愛ができるようになるために(PDF版)】
【うまくいく恋愛ができるようになるために(EPUB版)】
【〈EPUB試し読み版〉 うまくいく恋愛ができるようになるために】


 そして、今朝(2月18日)、
『〈いま幸せ〉を実践する方法』(無料)
 をDLmarketより刊行いたしました。

DLmarketで購入
【〈いま幸せ〉を実践する方法 (PDF版)】
【〈いま幸せ〉を実践する方法 (EPUB版)】


〈いま幸せ〉シリーズ関連の4作品を、DLmarketより再刊行いたしました。
 2月中旬までにはかならず刊行する、と宣言していたので、約束を果たすことができて良かったです(嬉
中旬は、その月の11日~20日の十日間。

          

 今回は、
『うまくいく恋愛ができるようになるために ―ラブマスターの恋愛講義―』
 のDLmarket版について、お話しいたします。
※続きを読む
タグ:DLmarket
posted by 本条克明 at 15:59| 雑記 | 更新情報をチェックする

「小説形式の実用書」について、考えてみた


「小説形式の実用書」
 というものがあります。


『仕事は楽しいかね?』
 (デイル・ドーテン著 野津智子・訳 きこ書房)
画像は7netのリンク画像です。


 4年ぐらい前に購入した本ですが、この本は小説形式をとったビジネス書(自己啓発書)です。
 タイトルに惹(ひ)かれて買ってしまいました(笑

 書かれている内容は、ビジネス書(もしくは自己啓発書)に分類される実用書です。
 小説形式(物語形式)で書かれています。

          


 こちらの本は、たしか2年ぐらい前だったと思うのですが―― 


『100円のコーラを1000円で売る方法』
 (永井孝尚・著 中経出版)
画像は7netのリンク画像です。


 地元の書店で表紙陳列されていたのを見たときに、
 おもわずタイトルに惹かれて買ってしまいました(笑

 マーケティング理論をわかりやすく解説しているビジネス書です。
 本編は、小説形式で書かれています。

          

 というわけで、今回は、
「小説形式の実用書」
 について、考えてみました。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 17:13| 雑記 | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

更新をしばらくお休み致します


 今日になって、パソコンが起動しなくなりました。
 いま、兄のパソコンをちょっとだけ借りて、これを書いています。

 原因が不明なため、修理で済むのか、買い換えが必要なのかもわからない状況なのですが、いずれにしても、パソコンが復旧するまでは更新をお休みせざるを得ません。

 また、活動を休んでいるあいだは、コメントをいただいても承認や返信ができません。
 なにとぞ、ご理解いただきたいと思います。


 再開がいつごろになるのかは未定ですが、
 パソコンがもどり次第、すぐに活動を再開いたします。

 それまで、しばらくお待ちくださいますよう、謹んでお願い申し上げます。

 2014年2月19日  本条克明


この後日談(2日後の話)は、こちらをご覧ください
おもいのほか早くパソコンが復旧しました(嬉


posted by 本条克明 at 16:03| お知らせ | 更新情報をチェックする

ラベルリスト