2014年11月01日

哲学的思考法(総合的に考える) ①


このお話は「哲学的思考」に関するお話の第3話目です。
 未読の方は1話目からご覧ください。

「無知の知」は、ソクラテスの失望だった?

          

 前回の「心理学、人生観に関する話」で、
「真の反ばく法(しんの・はんばくほう)」
 についてお話ししました。

 そして、この「真の反ばく法」は、重大な事実を浮き彫りにしました。

 それは、

 どんなに立派な主張であれ、
 どんなに優れた理論であれ、
 この世界のどんな事であれ、
 かならずプラス面とマイナス面が存在する
――


 ということです。

 この世のすべてのものは、相反する両極性によって成り立っているんですね。

 そしてこの事実が、哲学的思考の基盤になります。
※続きを読む
タグ:哲学
posted by 本条克明 at 09:30| 人生観 | 更新情報をチェックする

哲学的思考法(総合的に考える) ②


このお話は「哲学的思考」に関するお話の第4話目です。
 未読の方は1話目からご覧ください。

「無知の知」は、ソクラテスの失望だった?

          

 今日、1回目の記事で、
肯定要素(プラス面)否定要素(マイナス面)――その両面から考察をする」
 ということについてお話しいたしました。

 そして、
「肯定側の主張にも、否定側の主張にも、それぞれに理(り=正当性)があるというのなら、『正しい意見』を判別することなんてできないんじゃないのか?」
 という疑問がわきあがってきます。

 今回は、
「哲学的思考(総合的な考察)による、結論のだし方」
 について、アドバイスをしたいと思います。
※続きを読む
タグ:哲学 個性
posted by 本条克明 at 10:56| 人生観 | 更新情報をチェックする

[おまけの話] 総合的に考える哲学的思考法の実践例(本条克明の場合)


この記事は哲学的思考(総合的に考える)の[おまけの話]です。
 未読の方は本編の記事からご覧ください

哲学的思考法(総合的に考える) ①
哲学的思考法(総合的に考える) ②

          

 今回は[おまけの話]として、
「本条克明が実際に、哲学思考(総合的に考える)を使って考察したケース」
 をひとつ、ご紹介したいと思います。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 12:08| 人生観 | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

物語における『謎』のつくり方と、気をつけるべきこと (本条克明の場合)


 物語をおもしろくするのは、『謎』の要素である――

 そのように考えている方も、多いかと思います。

 たしかに『謎』の要素は、読者を物語に惹きつける効果があります。

 ですので、プロットを作成する過程において、
「この話に『謎』の要素を盛り込めるだろうか?」
「もし『謎』をいれるとしたら、どうやって盛り込むのか?」

 ということについて、検討する価値があると思います。

プロットの意味については、こちらをご参照ください。
プロットとは?



 僕の場合は、
「『謎』の要素には、細心の注意を払わなければいけない」
 と考えています。

 作中に『謎』の要素を盛り込んだときは、気をつけなければいけないことがあるんですね。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 09:25| 小説作法 | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

本質を突き詰める哲学的思考法


 当サイトの「心理学、人生観に関する話」第1、第3土曜日に投稿)では、
「哲学的思考(総合的に考える)」
 について、お話をしてきました。

未読の方は、1話目のお話からご覧ください。
「無知の知」は、ソクラテスの失望だった?



 ここまでのお話は、ソクラテスのエピソードからずっとつながっていましたが――

 今回はいったん、ソクラテスの問答法(真の反ばく法)からはなれて、ちがう哲学的思考のやり方についてお話しいたします。

「本質を突き詰めていく思考法」
 についてです。
※続きを読む
タグ:哲学
posted by 本条克明 at 09:26| 人生観 | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。