2015年02月04日

日本が、いま、発すべき言葉は


 お亡くなりになられた湯川遥菜さん、後藤健二さんのご功績を偲び、心よりお悔やみ申し上げます。
 ご家族、ご親族の皆様に、謹んで哀悼の意を表します。

 また、ムアーズ・カサースベさんのご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げるとともに、ヨルダンの皆様のお悲しみはいかばかりかと拝察申し上げます。


 私は亡くなられた方々と面識があるわけではないのですが、言葉では言い表せないほどのショックを受けました。
 いまだに、何をやっていても心ここにあらず、という状態がつづいています。


 正直、政府の対応や、テレビの報道のしかたなど、納得のいかないことが多々あります。
 ですが、政治や報道の専門家ではない私がそのことについて語ると、作家の領分を越えた行為になってしまいます。

 ただ、『言葉の専門家』である作家として、これだけははっきりと言えます。

 安倍晋三内閣総理大臣の「言葉の使い方」は、間違っています!

 安倍総理は、連日のように、
「テロに屈しない」
「断固として戦う」
「テロを許さない」
 という勇ましい言葉を、公の場でくり返していますが、この言葉の使い方は間違っています。
 亡くなられた後藤健二さんの遺志を尊重する気がわずかでもあるのなら、絶対に間違っています。

 後藤健二さんは、シリアに向かう前にこう語っていました。
「何があっても責任は私にあります。シリアの人たちに責任を負わせるようなことはしないでください」

 この言葉の意味を、常識的に解釈すれば、
『日本の皆さんは、何があったとしても、決して憎んだり、争ったりしないでください』
 という想いが込められていることは明白です。

 安倍総理の「屈しない」、「戦う」、「許さない」という対決姿勢を全面に押しだした言葉は、後藤健二さんの遺志を踏みにじっています。

 言葉の専門家である作家として、進言いたします。
 日本が、いま、発すべき言葉はこうです。

「日本は平和主義国家です。中東の平和のため、世界の平和のため、よりいっそう尽力してまいります」


posted by 本条克明 at 14:15| 雑記 | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

『可変人間サーガ』より抜粋いたします


 以前に、ネット上で『可変人間サーガ』という異世界ファンタジー小説を公開していたことがあります。

ユート・変形2(白黒挿絵).gif
現在は公開していません。


 僕はこの作品に、
「平和とは何か?」
「永続する本物の世界平和は、どうすれば実現できるのか?」

 ということに対する僕なりの『答え』を込めて書きあげました。

 右翼政権下で、メディアも、ネット社会も、世間も、
 右翼化とヘイト(差別・偏見による悪意)が加速度的に進んでいく今の日本で、『平和』について語っても「焼け石に水」かもしれません。

 ですが、
 あえて、この作品に込めた『平和』へのメッセージを伝えるために、この作品のクライマックス・シーンを抜粋して公開いたします。

 何かを感じとってくださいましたら、嬉しく思います。

平和な世界をつくるために ―― 『可変人間サーガ』より を読む


タグ:祈り
posted by 本条克明 at 00:23| 雑記 | 更新情報をチェックする

平和な世界をつくるために ―― 『可変人間サーガ』より


この記事は、本条克明が以前にネット上で公開していた『可変人間サーガ』という異世界ファンタジー小説からの抜粋です。

          

登場人物

ユート
従司祭ユート (白黒挿絵).gif

 青い虎(とら)に変形する能力をもつ可変人間。
 ノーフォーム教の従司祭(見習い神父)。
 福音(ふくいん)を求めて修行に励むことが信仰心だと考えている。
福音とは、良い知らせのこと。 この物語では「霊的な体験によって得られる悟り(さとり)」の意味。


ファレン
金髪の騎士ファレン(白黒挿絵).gif

 黄金(こんじき)の鷹(たか)に変形する能力をもつ可変人間。
 少年騎士団、ゴールドメイン隊の隊長。
 敬虔(けいけん)なノーフォーム教徒。
 世界の平和を実現するために、身を犠牲にして悪と戦うことがノーフォーム教徒としての信仰心だと考えている。
 ユートとは、ともに敬虔なノーフォーム教徒同士、魂レベルでの強い絆(きずな)を感じている。しかし、「信仰」や「平和」に対する考え方の違いのために、いまは敵対関係になっている。


少年騎士たち
ウルフフォーム(白黒挿絵).gif

 ファレンの部下。
 狼(おおかみ)に変形する能力をもつ可変人間。
 みな十代の若き騎士である。


ティア
ティア(白黒挿絵).gif

 女魔術師サニーシャとともに放浪の旅をつづける少女。
 白リスに変形する能力をもつ可変人間。
 どんなときにも笑顔を忘れない純粋で無垢(むく)な心をもっている。彼女の存在が、ユートに福音をもたらすきっかけになった。

          

以下は、『可変人間サーガ』の「第十章 信念の戦い」からの抜粋です。
※続きを読む
タグ:祈り
posted by 本条克明 at 01:22| 人生観 | 更新情報をチェックする

当サイトの記事の翻訳は、ロイヤリティ・フリーです


 本条克明の既刊の電子書籍はもちろん、
 当サイトに掲載されている記事の著作の権利は、すべて本条克明に帰属しています。

 ですので、当サイトの記事を本条克明の許可なく転載することはできません。

リンクを張るのは自由です。
 また、引用のルールに従っての『引用』は合法ですので、自由に引用できます。



 当サイトの記事には著作権がありますので、許可なく転載することはできないのですが――

 もし、
「このサイトの記事を、外国語に翻訳して公開したい」
 という場合は、本条克明の許可はいりません


 以下の5つの要件さえ守っていただければ、自由に翻訳して、自由に公開することができます

       *       *       *
著者は本条克明(Katsuaki Honjo)であることを明記してください。
本条克明:著  ○○(翻訳者であるあなたの名前):訳 ――という記述を、訳した言語で明記してください。

意訳をしてかまいませんが、内容は可能なかぎり原文とおなじにしてください。

OSHO(オショー)の講話録から引用している部分を訳した場合は、「英語でおこなわれた講話を日本語に翻訳した本の記述を、さらに翻訳しています」ということを明記してください。

ジョン・グレイ博士の本などの、日本語訳の書籍から引用している部分を訳した場合は、「(英語が原文の書籍を)日本語に翻訳した本の記述を、さらに翻訳しています」ということを明記してください。

もし有料で公開する場合は、相場と比較して適正な価格、もしくはそれよりも低価格で提供してください。
翻訳された記事について、本条克明は著作権料を求めません。それによって得た利益は、すべて翻訳者のものになります。

当サイトの、どの記事を選んで翻訳してもかまいません
       *       *       *
※続きを読む
posted by 本条克明 at 02:05| お知らせ | 更新情報をチェックする

笑顔と、「好き」という想いを忘れないでください


 当サイトは、更新を終了いたします。

 昨年の3月に活動を休止したときには、「かならず戻ってきます」と約束いたしましたが、今回はお約束できません。

「電子書籍作家になる」という一連の話の途中ではありますが、なにとぞご理解をいただきたいと思います。


 もし、日本の右翼化と、ヘイト(偏見、差別による悪意)の一般化がとまり、
 4年前にタイガーマスク運動が起こったときのようなやさしい国民性がもどったら、
 当サイトで伝えている情報やメッセージは、人々の共感を得、価値のあるものとしてこの国でも受け入れられると思います。

 ですので、サイトも、サイト内の記事も、このまま残しておきます。

 当サイトを開設し、更新をはじめた当初から、
 私の活動方針や伝えているメッセージが、世の中の空気と調和できていないばかりでなく、向かい風のような強い抵抗を受けているのをずっと感じていました。

『人』に対する肯定感と愛情でなんとかつづけてまいりましたが、いまの日本が向かっている集団心理はとても肯定しきれません。
〈いま幸せ〉という生き方を伝える活動は、限界を迎えました。


 サイトの更新は終了いたしますが、作家活動はつづけていきます。
 ただ、活動方針や方向性を見直しますので、これまでとは書く内容が大きく変わる可能性があります。
 なにとぞ、ご理解をいただきたいと思います。


 当サイトを支持してくださった皆様、
 急な終わり方になりましたことを、深くお詫び申し上げます。

 またお会いできる日を楽しみにしています。

 ご愛読、ありがとうございました。
 心より、感謝いたします。


  いつでも笑顔と、
  「好き」という感情を忘れないでください

  あなたを苦しみから救い、
  あなたを幸せにできるのは、
  あなた自身の「喜べる心」なのですから


 2015年2月7日(土)  本条克明


タグ:祈り
posted by 本条克明 at 02:38| お知らせ | 更新情報をチェックする

ラベルリスト