2015年02月04日

日本が、いま、発すべき言葉は


 お亡くなりになられた湯川遥菜さん、後藤健二さんのご功績を偲び、心よりお悔やみ申し上げます。
 ご家族、ご親族の皆様に、謹んで哀悼の意を表します。

 また、ムアーズ・カサースベさんのご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げるとともに、ヨルダンの皆様のお悲しみはいかばかりかと拝察申し上げます。


 私は亡くなられた方々と面識があるわけではないのですが、言葉では言い表せないほどのショックを受けました。
 いまだに、何をやっていても心ここにあらず、という状態がつづいています。


 正直、政府の対応や、テレビの報道のしかたなど、納得のいかないことが多々あります。
 ですが、政治や報道の専門家ではない私がそのことについて語ると、作家の領分を越えた行為になってしまいます。

 ただ、『言葉の専門家』である作家として、これだけははっきりと言えます。

 安倍晋三内閣総理大臣の「言葉の使い方」は、間違っています!

 安倍総理は、連日のように、
「テロに屈しない」
「断固として戦う」
「テロを許さない」
 という勇ましい言葉を、公の場でくり返していますが、この言葉の使い方は間違っています。
 亡くなられた後藤健二さんの遺志を尊重する気がわずかでもあるのなら、絶対に間違っています。

 後藤健二さんは、シリアに向かう前にこう語っていました。
「何があっても責任は私にあります。シリアの人たちに責任を負わせるようなことはしないでください」

 この言葉の意味を、常識的に解釈すれば、
『日本の皆さんは、何があったとしても、決して憎んだり、争ったりしないでください』
 という想いが込められていることは明白です。

 安倍総理の「屈しない」、「戦う」、「許さない」という対決姿勢を全面に押しだした言葉は、後藤健二さんの遺志を踏みにじっています。

 言葉の専門家である作家として、進言いたします。
 日本が、いま、発すべき言葉はこうです。

「日本は平和主義国家です。中東の平和のため、世界の平和のため、よりいっそう尽力してまいります」


posted by 本条克明 at 14:15| 雑記 | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。