2015年01月24日

[おまけの話] 電子書籍作家が、パソコンでEPUBファイルを見る方法


この記事は、電子書籍を作成・公開される方を限定にしたお話です。
 それ以外の方は、申し訳ありませんが閲覧をお控えください




          

 パソコンでEPUBファイルを閲覧するためのツールに、
「Kindleプレビューア」
 というものがあります。

 これ、かなりすごいです。

 作成したEPUBファイルが、Kindle(キンドル)でどのように表示されるのか――
 それをリアルにプレビューできます

 このツールは、作成した電子書籍を確認するためのチェックツールとして Amazon(アマゾン)が提供しています。
 つまり、電子書籍を作成する作家のためのものです。

 電子書籍作家の方や、電子書籍の刊行を考えている方は、
 このツールはダウンロードしておいたほうが賢明だと思います。
無料でダウンロードできます。

Kindle Previewer ダウンロードページ


 英語のサイトですが、

「I agree to terms of use」(同意する)と書かれているところにチェックをいれる
         ↓
Windows用 と Macintosh用 があるので、自分のパソコンに該当するほうを選んで[Download Now]のボタンを押す

 という手順でダウンロードができます。

Windows は7以上、Macintosh は OSX 10.7以上に対応です。
ダウンロードが完了するまで数十分かかることがあります。




 ダウンロード後、インストールが終了したら、さっそく起動させてみましょう。

  トップページにある、
  「本を開いてプレビューする」
  のところをクリックする――


  上のメニューバーの「ファイル」をクリックし、
  「本を開く」を選択する――


 そうすると、ローカルからファイルを選択できるようになりますので、あなたが持っているEPUBファイル(あなたが作成したEPUBファイル)を選んでください。
 ファイルが Kindle用に変換され、Kindle Fire で閲覧した状態がプレビューされます。

          

 ちなみに――

 Kindle Fire のプレビューで表示されているフォント(書体)は、実際の Kindle Fire で閲覧したときのフォントとはおそらく異なっています。

 電子書籍リーダーでは、電子書籍を作成するときに作者が使用したフォント(書体)が表示されるわけではありません。
 その電子書籍リーダーにおなじフォントがインストールされていないかぎり、電子書籍リーダーに最初から搭載されているフォントに変換して表示されます。

 ですが、あなたが作成したEPUB電子書籍をプレビューアを使ってエミュレートした場合、
 Kindle Fireでプレビューすると、あなたが作成するときに使ったフォントがそのまま表示されることがあります。
 あなたのパソコンに、そのフォントが搭載されているからです。

Kindle Fireのプレビューは、実際とはフォント(書体)がちがっている可能性があることを、前もって知っておきましょう。

レイアウトや色の表示などの確認には、これ以上ないくらいに優れたツールです。

「Kindleでは、どんなフォントで表示されているんだろう?」と不安な方は、上のメニューバーの[デバイス]から「Kindle e-ink」を選択してみてください。表示がモノクロになりますが、Kindle仕様のフォントで見ることができます。


          

 すでに Kindleプレビューア をお持ちの方で、Kindle Fireのプレビューを見ようとすると、
「Kindleプレビューアは本のコンパイルに失敗しました」
 と表示がでて、強制的にe-ink(PaperWhite)のプレビューにされてしまう、という場合は――

 それは、ヴァージョンが古いためだと思われます。
 いったんアンインストールしてから、もういちどダウンロードし直すと、すべて解決されると思います。


 また、Kindleプレビューアをお持ちの方で、
「ページをめくったときに、次のページが表示されるのがおそい」
 と感じている方もおられるかと思いますが……

 それも、ヴァージョンが古いせいです。
 いったんアンインストールしてから、もういちどダウンロードし直すことで解決できます。


          

 最後に――

 冒頭で、
「この記事は、電子書籍を作成・公開される方を限定にしたお話です」
 と、おことわりしたにもかかわらず、電子書籍作家になる気はないのに(心理的リアクタンスが働いて)この記事を読み、Kindleプレビューア をダウンロードしてしまった――
 という方へ、僕からひとつ提案を。

 どうせなら、これを機に「電子書籍をつくる」ということにチャレンジしてみてはどうでしょう?

 それなら、「ちょっと順番が逆になっただけ」ですので、どこにも矛盾はありません(笑

 せっかく「電子書籍作家のツール」を手にいれたのですから、
 このまま本当に電子書籍作家になっちゃいましょう(笑


 次のお話(電子書籍を書くためのアドバイス)を読む


この記事は2015年1月に投稿されたものです。


「電子書籍のつくり方(本条克明の場合)」に関する一連のお話は、こちらをご参照ください。
電子書籍作家になる(タグ)


電子書籍に関するほかのお話はこちらからお探しください
本条克明の電子書籍の特徴(タグ)
電子書籍(タグ)

posted by 本条克明 at 12:54| 電子書籍について、考えてみた | 更新情報をチェックする

ラベルリスト