2013年06月06日

カラー小説、はじめました


現在、
 書いた作品を『電子書籍』にして販売する――
という活動をおこなっています。

この活動をはじめるにあたって、
「電子書籍では、何ができるのか?」
ということについて、僕なりにいろいろな角度から検討してみました。

ほんと、面白いですね(笑
この『電子書籍』というまだ幼いメディア、「できること」に焦点を当ててみると、可能性に満ちあふれています。
ワクワクしますね(笑

そして、
「電子書籍で、できること」
「電子書籍だから、できること」

という観点からの『試み(こころみ)』のひとつとして――

 カラー小説、はじめました(笑
※続きを読む
posted by 本条克明 at 23:21| 電子書籍について、考えてみた | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

電子書籍は、安くなければ


現在、『きみの微笑みが嬉しくて』という中編小説を、
複数のストアさんより 110円 で配信させていただいています。
詳しくはこちらをご覧ください。
<作品紹介> 『きみの微笑みが嬉しくて』(中編小説)


2014年1月以降は、DLmarketでのみ配信しています。


この作品の紹介文のところに、価格の設定を記しています。

          ***
本編――400字換算166枚、文字数66088文字(空白除く)
1文字=0.00175円(本編のみ価格に換算されています)
          ***


この価格設定には、『電子書籍』というものに対する僕の思いが込められています。

というわけで、今回は、
「なぜ本条克明の『電子書籍』は、この価格なのか?」
について、お話しさせていただきたいと思います。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 16:49| 電子書籍について、考えてみた | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

PDFにはPDFに合った用紙の使い方があると思いますが


         *****
 A(アー)にはAに向いた話、B(ベー)にはBにふさわしい任務、というものがあると思いますが……

『銀河英雄伝説1 黎明編』(田中芳樹・著 徳間書店・トクマノベルス)より引用

著作権を遵守するため、書籍の画像は楽天アフィリエイトのリンク画像を使用しています。
         *****


 オーベルシュタインの言葉です。

 銀英伝ですよ!
 僕が大学生のときに読んで、
「小説って、メチャクチャおもしろい!」
 と心の底から思った作品です。

 たぶん、銀英伝を読んでいなかったら、
「作家になりたい」
 と思っていなかっただろうし、それを考えたら、「僕の人生を変えた小説」って言えるんだろうなぁ……。

          

 ……って、今回はそういうことが言いたいんじゃなくてですね(笑

 紙の本には紙の本に向いた用紙の使い方が、
 PDF電子書籍には、PDFにふさわしい用紙の使い方というものがあると思うのですが……


 ということについて、お話ししたいと思います(笑
※続きを読む
posted by 本条克明 at 13:32| 電子書籍について、考えてみた | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

本条克明のDLmarket版・電子書籍について


 この記事は2014年1月に書かれたものです。現在は、DLmarketから本条克明の電子書籍は配信していません。
 当記事を読まれる方は、「当時の本条克明の記録」としてご覧ください。

          

 現在、『きみの微笑みが嬉しくて』という電子書籍(中編小説)をDLmarketより配信しています。

現在は配信していません

 いままで拠点にしていた某電子書籍プラットフォームからの移転というかたちになりますが――

 DLmarketから刊行するにあたり、いくつか変更になったところがあります。
 今回は、そのことについてお話しさせていただきたいと思います。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 15:42| 電子書籍について、考えてみた | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

電子書籍なら、短編・中編を「1冊の本」として刊行できます


 先日、DLmarketが「オンデマンド製本版」の同時販売をはじめました。
 これによって、電子書籍と同時に、製本版(紙の本)も販売できるようになりました。

 ですが、僕の場合は、
「電子書籍だからできること」
 を重視して電子書籍を制作しています。

 そして、僕なりに検討を重ねた結果、製本版はださないことに致しました。

 ひらたく言うと、
「『電子書籍ならでは』というやり方をしているので、同作品を製本版(紙の本)でだす意味がない」
 という結論に落ち着いたということです(笑

          

 以前にも、「電子書籍ならでは」にちなんだ話をいくつかしていますが――
こちらをご参照ください。
カラー小説、はじめました
電子書籍は、安くなければ
PDFにはPDFに合った用紙の使い方があると思いますが



 価格設定のお話(電子書籍は、安くなければ)と少し関連しているのですが、今回はもうひとつ、「電子書籍だからできること」についてお話し致します。

「短編や中編を、単独で、『1冊の本』として刊行できる」
 という電子書籍ならではのメリット(利点)についてです。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 14:25| 電子書籍について、考えてみた | 更新情報をチェックする
ラベルリスト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。