2013年08月13日

『縦書き』と『横書き』は、印象がちがう


 数年前、はじめてブログを開設したときに感じたことは、
「横書きだと、文章のイメージがこんなにもちがうもんなのか!?」
 という驚きでした。

 ずっと小説を書いてきた僕にとって、
「日本語の文章は『縦書き』で書くもの」
 だったんですね。

 ですが、ネット上で活動するようになり、『横書き』の文章を書くようになってから、
「『縦書き』と『横書き』は、表現の仕方を変えなくてはならない」
 ということを実感して、それぞれに合った文章表現の方法を模索しなければなりませんでした。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 16:54| 小説作法 | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

自分らしく、個性的になるために――作家からのアドバイス


 少し前に、
「自分らしさ」
 に関する復刻記事を掲載しました。

こちらをご覧ください。
「自分らしさ」がわからないというきみへ――考えるんだ、自分の頭で



 僕は、小説を書こうと志したときに、
「自分らしさ」
「個性(オリジナリティ)」

 というものを真剣に考え、自問自答をくり返しました。

 作家にかぎらず、クリエイティブな活動をしている人であれば、
「個性とは何か?」
 という問題と真摯(しんし)に向き合い、自分なりの『答え』を導きだしていると思います。


 これからお話しすることは、作家(クリエーター)からの、
「個性」
 に対するアドバイスです。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 14:54| 小説作法 | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

プロットとは?


『プロット』というのは、「物語の構成」のことです。

小説の書き方をマニュアル的に解説した本などでは、
「物語の土台」とか、
「物語の枠組み」とか、
「物語の設計図」
などと教えていたりしますが、そのままの意味で解釈しようとすると、かえって意味がわからなくなることが多いです。

また、日本では「あらすじ」という意味でも『プロット』という言葉を用いることがありますので、わかりにくい用語だと思います。
正確には、「あらすじ」の場合は「シノプシス」です。

小説におけるプロットとは、「書く前段階につくった物語」のことです。

当たり前のことですが、先に物語がなければ文章にはできません。
ですので、書く前に諸々の設定やストーリーの組み立てをして、物語をあるていど作成しておきます。
それがプロットです。

それを踏まえた上で、前後の文脈からニュアンス的な意味を読みとると、『プロット』という言葉を正確に解釈できると思います。



というわけで――
今回はプロットについて、もう少しご説明したいと思います。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 13:22| 小説作法 | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

「対決シーン」で臨場感をだす文章テクニック


 小説は「活字のメディア」ですので、基本的にアクションの描写にはあまり向いていません。

 小説ではすべてを言葉で表現するため、どうしても説明口調のようになってしまい、アクション・シーンにスピード感や臨場感をだすのが容易ではないんですね。

臨場感とは、「まるで実際にその場にいるかのような感覚」のことです。


「対決のシーンでは、おもいっきり臨場感をだして、迫力を読者に伝えたい」
 そう切に願って、僕は表現方法をいろいろと模索したことがあります。

 というわけで今回は、
「対決シーンで臨場感を伝える文章テクニック」
 のひとつを、特別にお教え致します(笑
※続きを読む
posted by 本条克明 at 08:22| 小説作法 | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

かっこいい文章を、ハードボイルドで


 文章に「かっこいい」とか「男らしい」って、あるんだろうか?

あります。(←断言)
ハードボイルドが、まさにそれです。

ハードボイルドの書き方を取り入れれば、男らしくてかっこいい文章になります
しかも、ハードボイルドの文章スタイルは、リズミカルで、とても読みやすいです。

文章を書く人にとってはもちろん、ハードボイルドの言葉の使い方は、

  渋くキメたい
  自信に満ちた『できる男』と思われたい


という人にとっても参考になると思います(笑
※続きを読む
posted by 本条克明 at 10:40| 小説作法 | 更新情報をチェックする
ラベルリスト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。