2013年08月30日

優しくできなくて……


 地元の本屋さんで、この本が棚に6フェイスぶんの表紙陳列で売られていました。


『ベストパートナーになるために』
(ジョン・グレイ著  大島渚・訳  三笠書房・知的生きかた文庫、わたしの時間シリーズ)
画像は7netのリンク画像です。


 恋愛心理の第一人者であるジョン・グレイ博士の代表作です。
 この本は、以前に運営していたエッセイ・ブログで、レビュー記事を書いたことがあります。

 良い機会ですので、そのときの記事を復刻して掲載したいと思うのですが……。

          *

 その前に、つい最近、僕が女性とのコミュニケーションで失敗してしまったお話を書きます。

 失敗談ですので楽しいお話ではありません。
 僕自身への自戒のために、記事にして残したものです。
 読まれる方はご了承のうえ、ご閲覧ください。

※続きを読む
posted by 本条克明 at 11:31| モノローグ(独り言) | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

(本条用) 良好な人間関係をつづけていくために


 今回の記事は、私(本条克明)が人間関係に悩んだりつまずいたりしたときに読み返すために書いたものです。
 つまり、人に読まれるために書いたものではありません。

詳しくはこちらをご覧ください。
次に投稿する記事について



 今回の記事を読まれる方は、「本条克明のための私的な記述」であることをあらかじめご了承のうえ、ご閲覧ください。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 14:30| モノローグ(独り言) | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

作家は、一発屋を笑わない


今回はモノローグ(ひとりごと)です。ご了承のうえ、お読みください。

          

 僕は、「変わってる」と人からよく言われる。

 自分ではよくわからないんだけど、そう言われるってことは、やっぱり感性が一般的な人とは少しちがってるんだと思う。

 ただ僕自身、世間一般とは感性が「ちがう」とはっきり自覚していることもある。

 そのひとつが、『一発屋』――

 世間では一発屋を見くだして、この言葉を蔑称にしているけど……

 なんで?

 一発屋の何がおかしいんだ?

 僕には「すごいこと」にしか思えないんだけど……。
※続きを読む
posted by 本条克明 at 08:19| モノローグ(独り言) | 更新情報をチェックする

ラベルリスト